新しい利用条件について

7月2日(木)より、
   利用条件の一部変更があります。

下記の「コロナウイルス感染防止についてのお願い」をお読みいただき、利用施設の項目を確認してください。団体の代表の方だけでなく参加者みなさまでご周知くださいますようお願いします。

7月1日は、休館日となります。(毎週水曜は休館日です)

※令和2年度の団体登録(年度ごと)を福祉センターの窓口にてお済ませください。団体登録がお済みでないと、予約の受付は出来ません。一般の団体登録については当ホームページ上方の〔体育施設〕を開いていただき、利用についてご確認ください。様式についてもダウンロードできますので、記入後お持ちいただくことができます。


福祉センターコロナウイルス感染防止についてのお願い

  チェックシートが新様式に変わります(7月から 
     〔↑1利用団体に1枚〕

 必ずマスク着用のうえ、ご来館ください。

利用時、「チェックシート」へのご記入をお願いしてます「チェックシートはダウンロードできます。ご自宅で記入し来館当日に、お持ちいただいても構いません。

以下の項目に該当される方は、ご来館をお控えください。
1.発熱や風邪、味覚障害の症状がある方。また、体調がすぐれない方。
2.チェックシートを提出いただけない方。
3.ご家庭や職場、学校などで身近に新型コロナウイルス感染症の感染者もしくは感染の可能性のある方がいらっしゃる方。

利用者同士の距離(1~2mを目安)を保ち、対面ではなく横並びで座るなど活動の工夫を行ってください。

 手指消毒や手洗いをこまめに行ってください。館内設置の手指消毒液をご利用ください。

 感染防止のため、エアコンご使用の際も定期的にドアや窓を開け、2方向で換気をお願いします。(各部屋の換気扇も回してください)

館内での食事はお控えください。また長時間滞留と密接をさけるため、福祉センターや体育館のロビーの椅子を減らしております。

「チェックシート」でご記入いただいたご連絡先につきましては、新型コロナウイルス感染症の疑いが生じた場合のみに使用いたします。

利用状況、感染拡大状況によっては福祉センター利用が停止になる場合がございますのでご了承ください。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

令和 2 年 6 月 30 日
熊本県身体障がい者福祉センター


【利 用 条 件】
ご確認いただき、感染拡大防止のため厳守をお願いします。

■ 令和2年7月2日から
チェックシート」が新様式に変わります 

 

  ◎ 福祉センター ◎

・ご利用は、「会議・研修」に限ります。療育やレクリエーションの目的ではご利用できません。
・調理室はご利用できません。
・人と人の間隔(1~2メートル)を十分に確保してください。
・各部屋の人数制限をお守りください。
〔娯楽室・プレイルーム〕 12人まで
〔訓練室〕 16人まで
〔情報室〕 6人まで
〔和室〕 10人まで 
・ご利用「チェックシート」(ダウンロードできます)の提出をお願いします。裏面にある氏名・体温のご記入もお願いします。
・館内は必ずマスクを着用してご利用ください。館内設置の手指消毒液をご利用し、こまめに手洗い・手指消毒を心掛けてください。
・部屋はエアコンをご使用の際も定期的にドアや窓を開け、2方向での換気をし、換気扇も活用してください。
・各部屋、館内での食事はできません。食事を挟む長時間の利用はご注意ください。
・受付の筆記具は、「消毒済み」「使用後」に分けておりますが、筆記具のご持参にご協力ください。
・ゴミは各団体でお持ち帰りください。(福祉センターロビーのゴミ箱は撤去しております)
・以上のことが厳守できない団体は、ご利用をお控えいただく場合がございます。

  ◎ 体 育 館 ◎

・ご利用「チェックシート」(ダウンロードできます)の提出をお願いします。裏面にある氏名(見学者・未就学児含)・体温のご記入もお願いします。
・体育館のカウンターの「報告書」入れは撤去しております。お手数ですが福祉センターの窓口までお願いします。
・体育館更衣室のご利用は間隔を空け短時間・少人数でお願いします。また、ご利用後はドアと窓を開けたままにしてください。
・体育館ロビーや福祉センター館内での食事はできません。食事を挟む長時間の活動はご注意ください。
・体育館使用中もマスク着用としますが、競技中は状況に応じて使用してください。館内設置の手指消毒液をご利用し、こまめに手洗い・手指消毒を心掛けてください。
・プレイ中は接触を避け、距離を保つ工夫を行ってください。
・ゴミは各団体でお持ち帰りください。
・以上のことが厳守できない団体は、ご利用をお控えいただく場合がございます。

  ◎ グラウンド・アーチェリー場 ◎

・窓口にてカギをお渡しする際、「消毒セット」をお渡しします。
・ご利用「チェックシート」(ダウンロードできます)の提出をお願いします。裏面にある氏名(見学者・未就学児含)・体温のご記入もお願いします。
・団体保管の所持物につきましてもこまめに消毒をお願いします。
・グラウンド、アーチェリー場使用中もマスク着用としますが、競技中は状況に応じて使用してください。また利用団体で手指消毒液等をご持参いただくか、館内設置の手指消毒液をご利用し、こまめに手洗い・手指消毒を心掛けてください。
・プレイ中は接触を避け、距離を保つ工夫を行ってください。
・ゴミは各団体でお持ち帰りください。
・以上のことが厳守できない団体は、ご利用をお控えいただく場合がございます。

  ◎ 会 議 室 ◎

・福祉センター利用と同様の取り扱いといたします。
・各部屋の人数制限をお守りください。
〔会議室〕1部屋 9人まで (第4会議室は6人まで
・「能力開発センター」と「ひばり園」の施設域には入らないでください。
・以上のことが厳守できない団体は、ご利用をお控えいただく場合がございます。

  ◎ 宿 泊 ◎

・1室2名まで、最長2泊ご利用できます。
・2泊以上の連泊は、ご相談ください(原則2泊)。

  ◎ 福祉センター主催の講座(教室) ◎

・7月開催は、ニュースポーツ教室、ビームライフル教室、ハーバリウム教室の3教室です。(中級水泳、福祉センター(精神)、パソコン教室、スポーツ吹矢教室、初級水泳、料理教室、茶道教室は中止致します)
・8月以降開催の教室につきましては検討中です。

  ◎ 疑似体験 ◎

・疑似体験の用具は、貸出のみ可能です。
・当面の間、出張の疑似体験は行いません。

  ◎ リフトバス ◎

・利用人数は、最大9人までとし、県内のみの利用になります。
・リフトバス座席表で配置をご確認いただき、距離を保ってのご利用をお願いいたします。
・可能な限り窓を開けての走行とし、各団体で手指消毒液等をご準備いただき、こまめに手洗い・手指消毒を心掛けてください。

・ご利用「チェックシート(ダウンロードできます)の提出が必要になります。裏面にある氏名(見学者・未就学児含)・体温のご記入もお願いします。

  ◎ 備品貸出 ◎

・通常通り行っております。

  ◎ 福祉センターロビー ◎

・椅子の間隔をあけ、規模を縮小しております。また館内での食事はできません。
・福祉センターロビーのゴミ箱は撤去しております。ゴミは各団体でお持ち帰りください。

体育館更衣室利用について

コロナウイルス感染症拡大防止のため、体育館更衣室は利用不可としていましたが、条件付きで利用可能となります。

6月22日(月)よりご利用いただけます。
更衣室は、間隔を空け
短時間少人数
ご利用ください。

★更衣室内での飲食はできません
★使用後は、窓と扉を開けたままにしてください
★時間ごとの消毒にご協力ください

以上のことをお願いし、皆様に安全にお使いいただきますよう宜しくお願いいたします。

センターニュース159号へ更新

センターニュース159号に更新しました。下記よりご覧いただけます。

ここから☜センターニュース159号

少しずつ緩和される中、7月より福祉センターの講座(教室)が一部開催されることとなりました。
まだまだソーシャルディスタンスを保つ形で、ご不自由お掛けすることも多いかと思いますが是非とも、チェックされご参加ください。

体育施設「チェックシート」利用事前提出について

 現在、新型コロナウイルス感染防止対策の一つとして「感染防止対策チェックシート」ご利用される全ての方にお願いしてます。
体育施設(体育館・グラウンド・アーチェリー場)に関しては、報告書と一緒に全員の「チェックシート」をお願いしていましたが、今後は、利用前に福祉センター窓口までご持参ください。
遅れて参加される方も、活動前に提出してから体育館やグラウンドへ入られますようお願いします。
暫くの間、大変ご面倒ですが、ご協力のほど宜しくお願いいたします。

  🌺チェックが1つでも抜けている
  🌺発熱や症状がある
  🌺氏名や連絡先の明記が不十分
 …などの不備がある場合、お声掛けさせて頂いてます。
また、ご協力いただけない団体は、ご利用をお控え頂く場合がございます。

※現在の福祉センター利用についての詳細は、『施設利用停止の一部解除について』(下方↓)をご覧ください。

6月の施設利用について

6月に入りました☔ 🐸 
6月1日より、福祉センター・体育施設は条件付きで一部開館します。

福祉センターにおいて「新型コロナウイルス感染防止についてのお願い」がございます。
詳細は、『施設利用停止の一部解除について』(下方↓)をご覧ください。

尚、福祉センター主催の教室について6月分全ての日程を中止させていただいております。

「再開」という言葉が聞かれるようになり、世の中が自粛緩和へ動き出します!その中で、考えられるリスクに向き合い、当たり前の日常に少しでも近づけるように過ごしましょう。
今月も宜しくお願いします。